壁掛けにすると収納が増えるだけではなくテレビ台の掃除もいらない

テレビを壁かけにすることで、テレビボードなどの収納が不要になり、テレビ下の空間を利用できますし、テレビがある空間そのものの印象が変わり、インパクトが増します。一気におしゃれな空間になるだけでなく、小さなお子様がテレビを倒してしまう心配や、ペットのいたずらもなくなります。しかし壁かけテレビをすると、模様替えは簡単にできなくなりますので、設置する際にはよく考える必要があります。メリットもデメリットもある中で、壁掛け工事の費用や作業工程が簡単になり、テレビ自体の重量もかなり軽くなってきている事から、壁掛け工事に対するハードルがかなり下がっており、徐々に壁掛けする人口は増えてきています。自分で簡単に取り付けられるDIY商品もよく見かけます。実際に壁に穴を開けなくても壁掛けできる商品も多数ありますので、賃貸物件でも安心です。

テレビ回りの埃、コードのぐちゃぐちゃとはおさらば

テレビを壁掛けすることで空間が随分と広くなるだけでなく、掃除に対するストレスも一気に減ります。テレビ回りはコードがグチャグチャと収納困難な状態になりますし、静電気があるからか、やたらと埃を集める空間になってしまうのが現状です。毎日は面倒ですが、2,3日に一度は埃チェックをしないと、どんよりした空間になります。その埃の空間に関する問題が、テレビを壁にかける事で大幅に解消されます。ついでに、普通にテレビを収納家具の上に置くよりも、壁掛けにする方が地震からのダメージに強いです。壁掛けのテレビは、金具でしっかりと壁に固定されますので、テレビ台に置いた場合よりも地震で受ける被害を最小限にとどめることができます。ケーブルは壁の中に隠す方法と、カバー(モール)で隠す方法の二通りがあります。

テレビボードの空いた空間を便利に利用できる

壁掛けテレビにすると、本来テレビを置くテレビボードなどの空間に、新たに収納を設置し、リビングルーム等の空間を有効利用することが可能です。すっきりと、より多くのものを収納することができれば、もともとそれほど広くなかった空間も広々と心地よく生活することができるのです。配線のケーブル工事を行う際は、必ず業者に見積もりを取ってから依頼することをお勧めします。電気関係のことは資格を持っているプロに任せて、それ以外はDIYでもできるグッズが割と低価格で販売されていますので、インターネットで検索してみるのも楽しみの一つです。持ち家でしたら業者に依頼して配線まできれいに仕上げてもらうことをお勧めしますが、賃貸物件ですと壁に穴をあけることができないので、突っ張り棒などを使ったDIYグッズで壁掛けテレビのスタイリッシュな生活を楽しみましょう。