壁掛けにすると煩わしいテレビの配線が気にならず収納簡単

テレビは大型から小型までありますが、多くのご家庭にある電化製品です。戸建の場合ですとテレビは一台ではなく数台所持されていることも多いでしょう。けれども住宅事情も加わって、家電を部屋に設置した時にもできるだけすっきりと見せたい、煩わしいテレビの配線も気にすることなく、収納も確保できるようにしたいと思っておられる方も多いものです。この場合には従来の置き型タイプの物よりも、テレビを壁掛けタイプにして、このような収納問題を解決してみるのも良い方法です。壁掛けタイプの商品も各メーカーから販売されていますし、壁に掛ける部分を強化するようなグッズなどで補強をしておく場合もありますので、お部屋に合わせた方法で大きさや重さも考えながら、壁に設置をしていくことをご検討されると、収納面での余裕も生まれます。

壁掛けタイプのテレビにすると収納も問題も解決します

テレビを設置する場所を本来置いている場所から壁に変えると、周辺の空間にも余裕が生まれて広く感じます。床に置かれていた場合には、当然のことですが設置面積分だけ広くなりますし、テーブルなどの上に乗っていた場合にも卓上が広く使えるようになり過ごしやすい環境を作れます。今までは壁に関しては、絵や飾りなどを掛けておくくらいしか使っていなかった場所であることが多いですので、壁掛けテレビに変えることで、空いていた場所の有効利用をしていることにもなります。床にあって邪魔だった配線もひとつにまとめて、コンパクトに収納ができるタイプがありますので、コードなども見た目もすっきりとして、テレビを壁にかけても違和感なく設置ができます。各メーカーからはこのような壁掛けタイプの商品や壁にも床にも設置ができる商品などが販売されています。

お部屋の壁の状態に適した壁掛けテレビでの収納を考える

壁面を上手に利用してテレビを設置することで、収納面でもすっきりと見せることができて、お洒落なお部屋作りになることが多いです。収納場所が確保できるだけでなく、お部屋の印象も大きく変えてステキな雰囲気にすることもできます。収納の部分もテレビの背面についていたり、商品によっていろいろと工夫がされています。特に新築の場合でしたら、最初から壁掛けタイプのテレビを視野に入れて設計をすることも多いものです。配線はすべて壁の中から出てくる形で、関係する機種への接続状況などで、表から見ると一切出ていないようにすることもできます。また後から壁掛けテレビにする場合には、壁の状態や材質を見極めて、それに合った方法ですることが多いです。一般的には石膏ボードかそれ以外の壁かで分けて考えることが多く、その壁にあったねじ止めを利用して壁に掛けることになります。