煩わしい収納ボックスもテレビを壁掛けにすると必要なし

最近、テレビも薄型になり、壁掛けにする人が増えています。テレビを壁掛けにすると、一番のメリットは部屋がスッキリするということです。テレビの台を置いているとゴチャゴチャした感じになってしまいます。そのため、テレビの台が無くなるだけで、部屋のスペースが広くなり、置き場所にも困らないので、その空いたスペースを収納スペースなどとして、有効活用できます。また、テレビを壁掛けにすると地震に強いメリットもあります。台の上にテレビを置くと、地震が起きた時、倒れてしまうリスクが伴います。テレビの薄型になったとはいえ、サイズも大きくなっているので、危険です。壁掛けテレビは金具で固定するので、倒れてくる心配がありません。また、壁掛けにするだけでオシャレ感が大きくアップします。小さな子供の手の届かない所に設置できるのも大きなメリットです。

テレビを壁掛けにするデメリット

テレビを壁掛けにすると、部屋がオシャレになるだけでなく、収納スペースも確保できるなど、多くのメリットがありますが、当然、デメリットも存在します。テレビを壁掛けにしてしまうと、短観にはテレビの移動が出来なくなります。テレビを壁掛けにする際、壁に専用の金具を取り付けてそこに引っ掛けるように取り付けます。また、配線を隠すために壁に穴を空けたりするので、一度取り付けたテレビを簡単に移動することは出来ません。また、壁掛けテレビはどこにでも取り付けることがあるわけではありません。壁に取り付けるため、その壁がテレビの重さに耐えうる強度がないと取り付けることは出来ません。事前に壁の強度をしっかり確認する必要があります。テレビを壁掛けにするには、ある程度費用が掛かることも頭に入れておかなければなりません。場所によっては業者に頼んだ方が良い場合もあります。

テレビを壁掛けにしてスペースを有効活用する

テレビを壁掛けにすることで、部屋全体が広くなります。どのくらい広くなるかを知っておけば、自分の部屋にスペースを加えることが出来、そのスペースを収納などに有効活用できます。また、任意で固定場所を選べる壁掛けテレビであれば、元々利用していたスペースの再活用も可能になります。普通、テレビを置く時、ラックを利用します。しかし、テレビを壁掛けに変更すると、そのラック分スペースを広げることが出来、他の物を置けるようになります。ラックを撤去したことで、部屋の隅を占領していたスペースを有効活用することが出来るようになります。大きな収納系のラックを利用していたのであれば、半分くらいの収納ラックに変更すれば、残りのスペースに観葉植物を置いたり、本棚などを置いたりできます。そうすることによって、自然と部屋が広く感じられるようになります。